美味しいカニ通販 見分け方

さて、このたらば蟹の購入レビューにあたり、たらば蟹について色々と分かったことを書いて参ります。

まず、蟹とゆうのは脱皮を繰り返して大きくなっていく生き物です。脱皮をすると体力を大きく消耗しているので食べてもうま味が無く美味しくありません。

そういった蟹の事を「若ガニ」と呼びます。

逆に脱皮する前とゆうのは身も熟してとても美味しいです。私が今回頼んだかにまみれのたらば蟹のような蟹ですね。

そういった蟹を「堅ガニ」と呼びます。

で、さらにランクがありまして、「若上」が堅ガニよりも少し下になるそうです。


【堅・若上】本タラバガニ(オス)

上記は通販サイトから拝借してきた画像です。クリックすると転載元に移動します。

上から「堅ガニ」次に「若上ガニ」次が「若ガニ」とゆうことになります。

今回、失敗したカニは若ガニか若上ガニだったんだと思います。甲羅の堅さが明らかに違いました。

で、重量に関してですが、茹でたときには重量も減るんですが、表記が茹でる前か茹でた後かで実際のボリュームも当然違ってきます。
さらに茹でた蟹を凍らせて付いてきた氷を重量に入れている業者もあるとのことで、そのあたりの表記はしっかりと確認したほうが良いですね。

ちなみに上記の通販サイトにはしっかりと表記されていました。

「かなはし水産」とゆうかに専門店です。

通販サイト見てるとまたタラバの誘惑に負けそうです。。。( ´艸`)

次回はたらば蟹の種類について書いて参ります。アブラガニとゆう種類に騙されない購入方法です。

Related Articles:

高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧

カニ雑炊の作り方

前回、とても満足して食べたタラバ蟹。

そのタラバ蟹の殻と、食べやすくしている段階で弾いた蟹足の先っちょの方を鍋に入れて水を足し、グツグツと煮だして美味しいダシをとりました。

この画像よりももっと水を入れて煮出します。

殻を取り出したらだし汁の中にネギを少し入れて、煮立ったらご飯も入れて、軽く塩と醤油を足して味を調えて終わり。お好みで溶き卵を入れるのが好きな方はどうぞ。私は卵を入れると味がぼやける感じがするので入れてません。昆布だしを入れても美味しいです。

この殻の身の残り具合にかなり味が左右されるので、雑炊ももっと美味しく食べたい場合はカニの身ももう少し多かったほうが良かったかなぁ、とゆう印象です。

贅沢にカニ缶を入れる、とゆう手もありますね( ・∀・)

これにて、たらば蟹の通販体験談はひとまず終了です。最初の通販失敗談から激ウマたらば蟹に巡り会えてホントに良かったです。

かにまみれさん、ありがとう (*´∀`)
かにまみれ⇒ かにまみれ

ところでこの体験談を通じて、美味しいカニの探し方が分かるようになりました。次回はそんな話を書こうと思います。

コレさえ知ってれば蟹の通販の失敗はないぜー!とゆう情報です。

ではでは( ̄∇ ̄)また

Related Articles:

高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧

タラバ蟹 食べ方

本日は前回の記事に引き続き、かにまみれで取り寄せたカニの感想と、ちょっとした食べ方をご紹介します。

まず感想は前回記事をご覧いただければお分かりになるかと思いますが激ウマでした。

食してからゆうに一ヶ月を経過しようとしていますが、未だにあの味を思い出せるほど美味しいです。

脳内でカニの味が再現されてもうパブロフの犬状態になるほどです。

軽く焼いた影響もあるのか、甘みがさらに凝縮されていましたね。

  

編集しててもパブロフの犬です。。。w

ちなみにカニ足はカニ爪の部分が一番旨みと甘みがあって美味しいです。爪だけ頼める物なら爪だけ頼みたい感じです。

でも、こうゆう私みたいな人も多いみたいなのでカニ爪だけを販売している通販もあるんですよ。

「カニ通はカニ爪」みたいな文化がもしかしたらあるかも。。?( ・∀・)?

で、ちょっと欲を出して、自宅にあったポン酢ジュレをかけて食べてみました。

(ポン酢ジュレとは ⇒ ハウス のっけてジュレ ぽん酢

コレはこれを掛けたでまた美味でした~!

楽天レシピにもタラバ蟹の美味しい食べ方があったので参考にどうぞ。⇒ タラバ蟹レシピ

基本的に素材が良いのであまりいじる必要はありませんが、でもちょっと視点を変えてもまた美味しさを味わえます。

で、残った殻でまだまだ美味しい体験談が続きます。

このカニはこちらで購入しました。⇒ かにまみれ

毛ガニも美味しそ~だったです (*´∀`)

Related Articles:

高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧