タラバガニ 時期

ところで、タラバガニって通販でも一年中流通していますよね。

旬と言われる時期は、タラバガニの産卵期は4月から6月くらいなので
それ以降のタラバガニはグッと味が落ちるそうです。

つまり、春先の今ぐらいのタラバガニが一番美味しい時期と言えそうです。

 

しかし、流通している商品の多くは冷凍品です。

冷凍期間とゆうのが一応決められているらしく、最長では3年!とゆう長い期間、業者は保管していてもOKらしいのです。

いくら低温保管と言ってもそんなに保管していたら当然味は落ちるとゆうもの。

冷凍のカニを注文する時は販売している業者(ショップ)がどれくらい売れてて信頼できるショップかを見極める必要がありそうです。

 

ちなみに脱皮の時期は産地によって異なるそうなので
収穫の時期を見るよりは
そのカニが堅ガニかどうかをチェックすれば
購入にあたり失敗しない可能性が高くなります。

脱皮したカニは味も落ちるので、それだけは要注意です。

 

生のタラバが今、時期って書いたら食べたくなってきました。。。w
2ヶ月くらいカニ食べてないからまた食べたいなぁ(*´ω`*)

Related Articles:

    高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧

    生タラバ蟹 食べ方

    今回は前回の記事の続きで
    失敗した生タラバのリベンジ編です。

    二個目のたらば蟹はまずしっかりとチルドルームで時間をかけて解凍しました。

    丸1日以上かけて解凍です。

    丸1日たってもチルドルームなのでカニについている表面の氷はとけていませんがかにが入っている袋の中には水が少し出ている状態です。

    あらかじめ作っておいた昆布ダシの汁を沸かし
    その解凍したかにを少しづつ入れていきます。

    昆布ダシは塩分をちょっと多めにしておくとカニを食べる時に味付けなしでそのまま美味しく食べられます。

    カニについている氷はなるべく鍋に入れないように、氷を落としながら入れてください。

    鍋の方の温度が下がると茹でる時間が増えるのでまた味が落ちると思います。

     

     

    1分もしない内にカニに火が通るので茹でたカニをお皿に引き上げます。

    そんな感じでどんどん湯通しして、後はカニを食卓に載せるだけ。

    たらば蟹

    お好みで味を付けてもいいとは思いますが私は基本的に素材の味を楽しむのが好きなのでちょっと塩を多めにして茹でて食べます。

    微妙に味噌がついている部分もあってとても美味しくいただきました。( ̄∇ ̄)

     

    さて、このカニを茹でた昆布ダシ。

    もちろん捨てません。

    翌日、この汁を使って白菜だけで味噌汁を作りました。

    当たり前ですがメチャメチャ美味しかったのは言うまでもありませんw

    カニって何度でも美味しく頂けるのが素敵だなぁと、味噌汁をすすりながら思ったのでした。

     

    以上が生タラバの調理失敗から成功への記録です。

    調理の参考にしていただければ幸いです。

    ではではー!

     

     

    生冷凍タラバカニ トップクラスの身入りでお腹いっぱい! 1肩700g前後のタラバ脚
    生冷凍タラバカニ トップクラスの身入りでお腹いっぱい! 1肩700g前後のタラバ脚

    Related Articles:

    高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧

    冷凍 生タラバガニ

    去年の暮れ、通販でカニを物色していたところ
    かなりお買い得な冷凍の生タラバガニを発見しました。

    1kgで1000円と超破格値ですが、まぁいわゆる訳あり品で
    でも味に関してはなかなか良さそうだったので注文しました。

    なぜ味が良いのが分かったかと申しますと
    ホテルやデパートなどに卸しているタラバガニの、
    形が悪くて納品できない部分をお買い得価格で提供しているとゆう説明だったからです。

    通販ページはこちらです。

    築地市場の海鮮♪老舗百貨店に卸す本物の味を是非ご家庭で (訳あり) 生タラバガニ 1kg (かに鍋 焼きガニ用)

    この商品、今は販売していません。が、口コミにあるように生タラバなのでちょっと調理にコツが必要でした。

    私は2セット購入し、1個目は見事に調理を失敗してしまいました。

    評価の低いレビューにあるような状態になってしまったのです。

    冷凍生タラバガニ

    失敗した調理方法とゆうのは
    まず解凍を冷蔵庫ではなく室温でやってしまいました。

    生のカニはちょっと時間をかけて冷蔵庫で解凍した方がイイと、購入した時に同梱されていた説明書に書かれていました。

    初めて生のカニを扱ったとは言え、カニに慣れつつあったので、うっかりスルーしてしまったのです。

    で、この室温で解凍していたものの調理を始めた段階ではそんなに解凍されておらず、でもおかずもないので、無理やりフライパンで蒸し焼きにしてみました。

    タラバ蟹

    フライパンの下の方にある汁はカニから出てきた汁です。

    加熱中はとても良い匂いがしてましたが、いざ食べてみると、通販ページのレビューにあります「ゴムみたい」な食感でかなりショックを受けました。

    1000円とは言え、ちゃんと調理できなかった事にとても悔しい気持ちになり、2つ目はリベンジとしてちゃんと解凍&調理をしました。

    それについてはまた次回ご紹介いたします。

    生タラバを料理する時の参考にしていただければ幸いです。

    Related Articles:

    高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧