生タラバ蟹 食べ方

今回は前回の記事の続きで
失敗した生タラバのリベンジ編です。

二個目のたらば蟹はまずしっかりとチルドルームで時間をかけて解凍しました。

丸1日以上かけて解凍です。

丸1日たってもチルドルームなのでカニについている表面の氷はとけていませんがかにが入っている袋の中には水が少し出ている状態です。

あらかじめ作っておいた昆布ダシの汁を沸かし
その解凍したかにを少しづつ入れていきます。

昆布ダシは塩分をちょっと多めにしておくとカニを食べる時に味付けなしでそのまま美味しく食べられます。

カニについている氷はなるべく鍋に入れないように、氷を落としながら入れてください。

鍋の方の温度が下がると茹でる時間が増えるのでまた味が落ちると思います。

 

 

1分もしない内にカニに火が通るので茹でたカニをお皿に引き上げます。

そんな感じでどんどん湯通しして、後はカニを食卓に載せるだけ。

たらば蟹

お好みで味を付けてもいいとは思いますが私は基本的に素材の味を楽しむのが好きなのでちょっと塩を多めにして茹でて食べます。

微妙に味噌がついている部分もあってとても美味しくいただきました。( ̄∇ ̄)

 

さて、このカニを茹でた昆布ダシ。

もちろん捨てません。

翌日、この汁を使って白菜だけで味噌汁を作りました。

当たり前ですがメチャメチャ美味しかったのは言うまでもありませんw

カニって何度でも美味しく頂けるのが素敵だなぁと、味噌汁をすすりながら思ったのでした。

 

以上が生タラバの調理失敗から成功への記録です。

調理の参考にしていただければ幸いです。

ではではー!

 

 

生冷凍タラバカニ トップクラスの身入りでお腹いっぱい! 1肩700g前後のタラバ脚
生冷凍タラバカニ トップクラスの身入りでお腹いっぱい! 1肩700g前後のタラバ脚

Related Articles:

高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。