焼きタラバガニ

前回の続きです。

今回のカニ、ハサミを入れた瞬間、前に頼んだカニよりも殻が厚くちょっとチカラを入れるような殻の厚さです。

これはなかなか期待出来るかも。。。と思いつつ包丁とハサミを使って食べやすくしていきます。

やり方はこちらの記事をご参照ください。⇒ たらば蟹 さばき方

手にカニの汁がついてきて、それを舐めたらメッチャ本物の蟹の味が。。。!

試しに一口。明らかに前回のカニとは違う美味しさです。

コレが通販のカニの本当の実力か。。。!とシャアのようにツッコミました。

そこで、ハッと焼きタラバのようにしたらもっと美味しいんではないだろうかと思いつき、フライパンであぶってみました。

あぶり出したら部屋中がカニの良い香りが一気に拡がります。

恐らく換気扇を通じて近所中に漂ったんじゃないかと思うほど素晴らしく美味しい香りが!(*´∀`*)

あぶりながら出てくる生唾をゴックンしながら食事までガマン我慢。

あまり長時間あぶると殻が熱くなりすぎるので気をつけてくださいね。1ピースで3分ほど炙ればOKです。

汁が出ますので必ず殻を下にしてください。美味しいのをなるべく逃さないのがコツです。

食べた感想は次回に続きます。

 

 

このタラバの購入先はこちら

かにまみれ⇒ 全品『訳なし』納得品質・かにまみれ

Related Articles:

高品質な美味しいカニ通販が目白押しの楽天市場の人気タラバガニ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

コメントは受け付けていません。